DIY「ホームセンターで購入した玉砂利を綺麗に見せる方法」

こんばんわ だじです。

殺風景な坪庭シリーズもいよいよ最終段階で、玉砂利をまく段階に来ました。

その玉砂利を敷設する時に気になったことがあります。
ホームセンターで購入した安い玉砂利って色合いや大きさがバラバラですよね。
それをそのまま敷設しても、特に問題は無いのですが、どうしても細かい部分が気になってしまいます。

今回は、ホームセンターで購入した安い玉砂利をむらなくするために、私がやった方法を紹介したいと思います。

安い玉砂利の品質ばらつき

コーナンで購入した玉砂利です。

一袋当たり「\600」です。

そして、この玉砂利を広げて比較をしてみます。

こうして広げてみると、かなりバラツキがありますよね・・・

この中をピックアップしてみると、

黒、緑、茶 といった具合です。

品質にバラツキがある玉砂利を綺麗に敷設する方法

綺麗に敷設する方法 といっても、カッコイイ方法ではありません。

基本的には仕訳をするだけです(爆)  🙄

玉砂利を仕訳する

黒くない砂利をピックアップをします。
この時のポイントは、「濡らすこと」です。

玉砂利を濡らすことで、色をはっきりさせることが出来ます。
我が家は、セメントを練るためのトロ船があるので、一度に60kgぐらいを見ることが可能ですが、バケツとかでも十分可能です。

後は根気よく・・・

後は根気の勝負で、手で仕訳を行います。
色味が悪いものは、目につかないように奥の方に敷設したりします。

30kgの仕訳を行うのに、約30分程度の時間がかかりました。

仕訳した玉砂利を巻いた坪庭

ビッフォアーアフター風に・・・(もはや恒例ですね  😯

チャンチャンチャーン

あの土気色をした地面にポツンと灯篭と庭石が置かれ、浮いたような庭が・・・

何ということでしょう~

黒玉砂利が敷設され、灯篭と庭石が引き立ちました!

まだ玉砂利を敷設する予定のため、完成したものは内覧会という形でお見せしたいと思います。

最後に・・・

ホームセンターで売っている玉砂利は、個体差が非常に大きいです。
通販などで売っている一袋2000円~3000円するものは、この辺りの仕訳がきちんとされています。

しかし、見た目が悪いものは、見えない位置に置いたりすることで、それなりに綺麗に見えるようになります。
実質、黒玉砂利を敷設するのに要した時間は、買い出しも含めて1時間かかっていないと思います。

本音を言えば、高い玉砂利で楽したいです・・・ (嫁の怖い足音が聞こえます

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

我が家のブログの第一話はこちらです!
御覧になってない方はぜひご覧ください!

ブログ紹介 + 第一話!
アクセスありがとうございます。 本ブログについての紹介を簡単に行いたいと思います。 記念すべき第一話はここから! 目的紹介...
スポンサーリンク
Simplicity2_336x228

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity2_336x228