ローコスト住宅メーカーでの金額調整事情

こんばんわ だじです。

注文住宅を建てた誰もが経験すること・・・

 

それは、「金額調整」です。

注文住宅は、自分たちの欲しいものをジャンジャンつぎ込んでいきます。
我が家は、一生に一度だ! ということで、詰め込みまくりました。

その結果、大幅な予算オーバー・・・

そんな我が家の減額事情について、記事にしてみます。

ローコスト住宅の減額について

減額でもっとも大きい方法は、「建物の坪数を削る」という方法です。

しかし、ここで注意して欲しいのが、「大手メーカー」と「ローコストメーカー」とでは坪数を減額しての効果が全然違います。

因みに我が家の坪単価は「40万」です。

大手メーカーの方に比べたら、ローコストメーカーで建てられている方は、減築よりもオプションを見直したり、追加設備を見直した方がいい場合があります!

高額なオプション、個数が多いオプションを見直すべし

我が家の削ったオプションで一番高額だったのが、「食洗器」でした。
嫁さんとばあちゃんが、食洗器は必要ない! と言っていたので、外したのですがこの金額が「13万」

そして地味に大きいのが、エアコンの移設費のような個数が大きくなるものです。
我が家の場合、エアコン移設費が一台あたり「3万」で、これを4つほど削り、「12万」の減額に成功しています。

標準品でない外壁材やフローリングも局所的に使うことで、減額が可能となっています。
これにより、「8万」の減額もできました。

そして、過去に記事にした、造作棚については「6万」相当となっています。

※後で追加できるようなものも見直すとマイナスになったイメージが少ないです。造作棚とか

外構は個数が多いオプションが多い

我が家で最大の減額ができたのが、外構関連でした。

我が家の外構トップ3を発表します!

No. 項目 減額
1 土間コンクリート \152,100
2 フェンス \80,000
3 花壇 \50,000

合計額として、「28万」の減額ができました!

建物 + 外構の合計減額

建物減額「39万」 + 外構「28万」 

 

 

66万!!

 

 

結構大きいですね!

実はこれだけ減額しても、予算オーバーしていました。坪数に換算したら、「1.5坪相当」となっています。

 

 

どこまで要望突っ込んでるんだ!! という突っ込みは無しの方向で・・・  😀

(高かったオプションは、キッチンと床暖房でした。。)

親世帯の援助

ここからが二世帯のメリットとデメリットの話となります。

実をいうとトイレが標準品と異なるため、差額で「15万」ほどかかっていました。

親要望の設備は援助から

トイレ

このトイレ「ネオレスト」は予算オーバーのため、標準品に変更する予定でした。

しかし、このトイレは親世帯が希望したものだったので、「自分たちが払う!」といって出してくれました。

このおかげで、予算オーバーを何とかクリアしました。
この辺りは、二世帯の強みかもしれませんね!

最後に・・・

一生に一度の住宅なので、欲しい設備はいっぱい詰め込みたいですよね!

予算削減のポイントは・・・

  1. 減築がもっとも大きい減額手段、設備か広さかを天秤にかけて判断
  2. 設備を削る場合は、あとから足せるものをピックアップすると、後悔が半減する
  3. 高額な設備を削るより、個数が多いものの減額が大きい

こんな所です!

これから、家を建てる方は必ず「金額調整」は遭遇する事と思いますので、参考になればと思います!

では、皆さん 家建てを楽しんでください!

 

 

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

我が家のブログの第一話はこちらです!
御覧になってない方はぜひご覧ください!

住宅編, 選定

Posted by だじ