建築トラブル03. 新築の壁紙にパテが・・・

こんばんわ だじです。

新築の家の引き渡し後に、いろいろなトラブルがあるとは思います。
我が家では、住み始めて一年ですが、最初の半年くらいは何度か調整してもらったり、直してもらったとお世話になりました。

皆さん丁寧な仕事ぶりで大変満足しています!
しかし、ある方はトンデモナイ仕事をしてくれました・・・

開いた口が塞がらない といった感じです・・・

今回は、そんな話です  😯

明るいのに点灯しているフットライト

我が家は、階段にフットライトを付けています。
このフットライトは、光度センサーがついており、暗くなると自動的に電気がつくようになっています。

階段の左側にちょろっとついているのが、フットライトです。

2016-09-25-11-26-48

最初の発見時点では、また電気屋さんのミスだろう と確信に近い形で考えていました。
というのも、これまで電気屋さんは何回もミスを重ねていたのです。

建築トラブル01.コンセントの位置が違う!
こんばんわ だじです。 社会人の皆さんは、仕事に対する情熱のようなものって持っていますか? (なんか文字にすると恥ずかしい :oop...
建築トラブル02.LANポートの接続がおかしい!
こんばんわ だじです。 最近は、テレビ番組もインターネットで見ることが可能な時代となりましたね。 ブルーレイレコーダーの動画を、...

工務店に調査依頼

さっそく配線おかしいんじゃないですか? と工務店に連絡を入れ、調査をしてもらうことに・・・

調査当日は、まさに明るいのにフットライトが点いている状態!
これはいい再現状態です。

そこに現れたのが、例の電気屋さん

開口一番に言ったのは

「センサー系は、こういったトラブルが多いんで私は勧めていないんですよ~」

さっそく、かましてきたか! と思いつつも、ちょっと見てもらいました。

沢山ものが詰まった軽トラから、光度計をもってきて、早速光量の測定をしました。
測定を開始してみると・・・

驚愕の事実!!

照度計の数値は・・・
夜の判定をする数値でした!

2016-11-06-08-45-09

原因は、階段の色!
我が家の階段の色は、「ウォルナット」材質となっているため、結構黒いのです。

階段から光は入っているのですが、黒い板材の為、光が反射しにくいのです。
その結果として、フットライトのセンサーに光が入らない→だから、フットライトが光ってしまう!

ちなみにフットライトは下記です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:4160円(税込、送料別) (2016/11/6時点)

これをやり替えるための方策を考えました・・・

対策案 光度センサーを取り付けよう!

当初は夜について、日中は消える というのを目的にしていたので、どうするかを相談しました。

工務店からは、階段の上に光度センサーを取り付け、そこの入力でフットライトのON、OFFを切り替えるという名案をもらいました。

2016-11-06-08-47-45

しかも、センサー代のみで、工事費はいらない とのこと・・・
(設置の際に気付くべきだったのに、気付かなくて申し訳ない とのことでした)

元々このフットライトは、こちらで指定したものであった事もあり、工事費無料はうれしいサービスでした。

さっそく工事日も決まり、日中のフットライトの点灯が止まるのを楽しみにしていました。
(平日だったため、私は立ち合いができませんでした。)

工事完了 壁に違和感?

工事完了後、さっそく動作の確認をしました。

日中はフットライトが消えており、新たに取り付け光度センサーを暗くすると、フットライトの電気がONされます!

いい感じじゃん!!

壁に手触りが違う部分

光の微妙な加減から、どうも壁紙の一部の光沢が鈍い・・・

どういうことだ??
汚れかな と思って、手で触りました。

明らかに手触りが違う!!

よくよく見てみると、パテのようなもので穴埋めされている・・・

まさか、間違えて穴開けちゃって、埋めたってことないよね・・・??

当時は焦っていて、写真を撮る余裕がありませんでし。。。 すいません  😥

まずは家族に立ち合い時の状況を確認しました。

嫁さん:子供の面倒見てたから、ほとんどいなかった

じいちゃん:作業の気が散ると思って、なるべく作業中はいないようにした

家族は、最初と最後くらいの立ち合いだったようでした。

そこで、現場監督に確認をしました。

現場監督:立ち合いはしていないんです。

これは・・・

電気屋さん やっちゃったかな?

工事ミスの発覚

さっそく工務店に連絡を入れました。

設計士さん(我が家の総責任者のような立場の人です)を呼び、実際の壁紙を確認してもらいました。

設計士さん:すいません。すぐに本人(電気屋さん)に確認します!

ここからの会話は聞けませでした。

設計士さん:申し訳ございません! 工事時に誤って、穴をあけてしまったそうです。

それを聞いた私は、こんな顔になっていたと思います。

びっくり

え~~~

ミスは仕方ないけど、普通は立ち合い人に報告するんじゃない!?

嫁さん:作業終わった後に、お茶出したら、それ飲んで帰っていったよ

とのことでした。

さすがに私もちょっと怒りまして、

「この穴に気付かなかったら、工事ミスが隠蔽されるってことですよね」
「これっておかしくないですか?」
みたいな事を、設計士さんに言いました。

考えてみれば、設計士さんも被害者なわけなんですが・・・

結果として、壁紙をその一面を貼りなおします とのことで、決着しました。
後は、電気屋さんの一人工事は禁止となりました!

最後に・・・

正直言って、これはないだろ! って思いますが、実話です!!

皆さんもちょっとした工事でも立ち合いは、不定期に確認した方がいいかもしれません。
特に、要注意人物と感じているときは、猶更ですね。。。

後日談ですが、電気屋さんが、自家製しいたけを持ってお詫びに来ました。
とても立派なシイタケで、美味しくいただきました。

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

我が家のブログの第一話はこちらです!
御覧になってない方はぜひご覧ください!

ブログ紹介 + 第一話!
アクセスありがとうございます。 本ブログについての紹介を簡単に行いたいと思います。 記念すべき第一話はここから! 目的紹介...
スポンサーリンク
Simplicity2_336x228

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity2_336x228