太陽光発電02.太陽光発電の収益(2016年編)

こんばんは だじです。

2016年が終わり2017年が始まりました。
いい節目なので、2016年の我が家の売電記録を公開したいと思います。

正直言えば、太陽光の売電収入が無いと、家計的には苦しい状況になっていたと思います。。。  🙄

その時々で国からお得な制度が出ていると思いますので、その時々で活用していきたいですね!

我が家の太陽光スペック

過去に何回か記事にしてきましたが、我が家の太陽光のスペックです。

太陽光パネル BYD250P6C-30(カナディアン)
パワーコンディション KP55M-J4(オムロン)
施工業者 サニックス
発電量 14kw(全量買い取り)
1kw 買い取り価格 34.56円(税込み)
施工金額 \3,169,360円(約317万)  1kw辺り=約22万

全量買取と余剰買取と種類がありますが、我が家は蓄電池等も設置していないため、全量買取を選択しました。
※蓄電池の性能が上がってきたら、余剰買取の方がよくなる時代がくるかもしれませんね!

2016年の売電記録

買取年月 買取金額
 2016/01 ¥33,903
 2016/02 ¥32,901
 2016/03 ¥42,232
 2016/04 ¥58,924
 2016/05 ¥63,002
 2016/06 ¥48,280
 2016/07 ¥55,088
 2016/08 ¥62,933
 2016/09 ¥41,990
 2016/10 ¥36,633
 2016/11 ¥30,620
 2016/12 ¥26,231
 合計 ¥532,737

2016年の総売電価格は「約53万円」となりました。
月の平均をとってみると、約44,000円です。

これが無いと我が家は、毎月が赤字になってしまいそうです。。。  🙄

気になる太陽光パネルの保証

太陽光パネルを設置する方は、ご存知かもしれませんが、太陽光パネルには能力の保証があります。(パワーコンディションは別の保証となっています)

これは各社によって異なりますが、我が家の保証は下記通りです。
これらの保証条件に引っかかった場合、無償で太陽光パネルを交換してくれます。

  • 引き渡し10年間は、公称最大出力の90%を下回った場合
  • 11年目~15年目は、公称最大出力の80%を下回った場合
  • 自然災害での破損

ここで難しいのが、公称最大出力を下回ったかをどうやって判断するのか?? ですよね。
我が家の場合は、毎年の記録と照らし合わせて、確認を行っています。
(具体的な方法は、記事にしたいと思います。)

 

2015年と比較を行いましたが、あまり大きな差異はないように思いました。
結果としては、公称値を下回ってない という判断です。

最後に・・・

2016年の売上としては、53万円となりました。このうちの経費(太陽光パネルの減価償却費)を差し引くと、34万円ほどの利益が上がった形となります。

これらの利益が生活費に消えていっている我が家としては、2017年も順調に稼働してくれることを願うばかりです。。。  😳