二世帯生活 親世帯の雑費は誰の負担?

こんばんは だじです。

二世帯生活のお金ネタとして、雑費のアレコレを紹介しようと思います。

特に生活用品の中でも、個人だけが使うもの「服」「好きな食べ物」等々をどうやっているのかを紹介します。
二世帯生活も5年目に入りましたが、お金のことでもめたことは一度もありません。😄

これから二世帯生活をする方の参考になれば幸いです。

親世帯の生活費

親世帯からの生活費として毎月10万円をもらっています。
その中には、掃除道具やカレンダー等の共有の生活雑貨は、含まれた状態です。

ただし、どれが個人の雑貨になるのか?は、特に決めていませんでした。

個人の雑貨の範囲は?

衣服のように個人の趣向が大きくでるものはそれぞれの世帯でと簡単に判別できます。
しかし、共有で使えそうだけどこだわりのある生活用品って微妙ですよね・・・

我が家では、日々の生活の中で、徐々に誰が負担をするのか? を決めていきました。
どんなものが出てきたのかをご紹介します。

  • 天然成分のシャンプー
  • 垢すりタオルの高級品
  • 歯間ブラシ

 

金額が安いものは、共有費用でいいだろう という事になりました。
歯間ブラシや垢すりタオルなんかがそうです。

しかし、金額が高いものは個別雑貨として負担してもらうことになりました。

こだわりの雑貨は、金額の大きい小さいで共有か否かを判断

 

今回高額だったシャンプーをご紹介します。
親世帯が昔から気に入って使っているシャンプーは、普通のシャンプーよりも高額でした😓

 

番外ですが、子世帯側のお下がり?みたいな形で、家電のアクセサリー等は、やり取りしています。
マウスやキーボード、iPhoneの充電ケーブル等々・・・

最後に・・・

雑貨の費用を誰が出すのか?は、完全同居をしていたら迷ってしまうポイントだと思います。

こういった雑費は、だれがどんなこだわりの品物があるのか判断できないので、生活しながら調整をしていく必要があります。
我が家で特に意識していたことは、「遠慮せずに買う」こと、「遠慮せずに相談する」この二点です。

日々の生活で色々相談した結果、
天然成分のシャンプーは親世帯に出してもらうことになりましたが、それ以外のものは共有の生活費から出すことになりました。

 

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

宜しければサイト内リンクから、他の記事もご覧ください。

スポンサーリンク