高級ツリー「アルザス ヌードツリー」の紹介

こんばんは だじです。

皆さんは子供のころに、大きくて立派なクリスマスツリーに憧れたことは無いでしょうか?

私は、小さいころ友達の家にあったクリスマスツリーにとても憧れていました。
ピカピカ光る電飾、綺麗なオーナメント、そしてカッコいいクリスマスツリー

ついに我が家の子供たちが、クリスマスツリーが分かるようになってきました。
そこで、念願だった大きくて立派なクリスマスツリーを設置することにしました!

価格は高かったですが、満足のいくツリーを購入できたので紹介したいと思います。
高級クリスマスツリー「アルザス ヌードツリー」というものです。

高級ツリーの特徴

我が家に設置する「いい感じのクリスマスツリー」を探している際、高いツリーには共通点があることに気付きました。
※高さについては、高級ツリーだから といったことは無いので除外しておきます

  • 松ぼっくり
  • 葉のリアルさ
  • 土台の足の数

特に「葉のリアルさ」が、一番価格に関連しているように思います。

特にリアルな葉っぱは「ドイツトウヒ」というお題目がつくことが多いです。
このドイツトウヒというのは、ヨーロッパでモミの木と並びクリスマスツリーに使用されることが多い木です。

モミの木などとともにクリスマスツリーとしてもよく使われるが、本来は高さ50 mにも至る高木であり、直径も2 mに達することがある。
wikiより

アルザス ヌードツリーの紹介

ネット情報

「アルザス ヌードツリー」を見つけたのは、アマゾンでドイツトウヒのツリーを探していた時でした。

ツリーの紹介ページがとても分かりやすく、このツリーいいじゃん! と思いました。
ぜひアマゾンや楽天で記載されている補足説明を御覧下さい。
※執筆日の2018/11/24 品切れになっています

我が家は、リビングにドンッと飾りたかったので、150cmにしました。
180cmもあるのですが、飾り付けの時に背が届かないのです・・・ 🙄
というわけで、我が家では150cmが無難な所かなっと思います。

実物の紹介

我が家に届いたアルザスツリーの写真を紹介します。

箱なんですが、非常にオシャレですね!
子供達はこの箱を見ただけで、テンションをあげていました。

この箱はとても丈夫で、4歳と2歳の子供が上に座ったり寝転がったりしていましたが、つぶれることもなかったです。 😀

 

 

これが松ぼっくりです。
なんとこの松ぼっくりは本物です!

 

 

これ葉のアップなのですが、非常にリアルに作られています。
この葉の特徴をご紹介します。

  • 枝部分は茶色、葉部分は緑と色分けがされている
  • 葉の先端が枝毛のようになっている

 

私がこのツリーで気に入っているのは、この二点目です。
先端がボサボサになるだけで、ツリー全体のボリューム感がとても出てきます。

葉の先端が何本かに分かれおり高級感がある

オーナメントの紹介

オーナメントはかっこよさげなものを適当にチョイスしただけなので、簡単に画像で紹介しておきます。

赤と金の組み合わせは、豪華絢爛! といったイメージがありますよね。
そんなオーナメントがパッケージされたものを購入しました。

 

これとは別に白や青をベースにしたものも買っておきました。
赤ばかりでも彩りが悪いかなっと・・・

このシャボン玉みたいなオーナメントは、次男がとても喜びました。
また、透明なのでライトアップ時にとても幻想的なカラーになってくれます。

※注意点
しゃぼん玉のオーナメントは割れやすいです。(次男が一つ放り投げて割りました)
ただプラスチックでできたものなので、そこまで危険ではありません。

電飾の紹介

電飾を選ぶときに気にしていたのは以下の点です。

  1. 電飾のカラーが色々変わるもの
  2. 点灯パターンが選べるもの
  3. LED

いい感じのものが無いかを探していたら、いいLEDライトがありました。

このライトの素晴らしい点は、2点あります。

  1. 連結でドンドン増やせることです。
    我が家は、200球にしました。
  2. 点灯パターンもとても多い
    ランダム点灯
    全球の常時点灯
    ウェーブのような点滅
    特定の色ごとに点滅
    特定の色ごとにフラッシュ点滅
    特定の色ごとに調光点滅←我が家のお気に入り
    特定の色ごとに点灯し、一気に消える
    全球が調光点滅(調光速度が変速)

その調光の切り替えは、黒い丸ボタンを押すことで切り替わっていきます。
電源を切っても、前回の点灯パターンを記憶している

飾り付け

飾り付けは、大人がメインで行いました。

長男と次男も手伝ってくれたのですが、癒しタイムでしたね!

飾り付けにかかった時間は、30分程度です。
高級ツリーだからといって、飾り付けが楽になる みたいなことは無いです。。。

飾り付けの時に気付いた失敗点

飾り付けをしている時に、何点か失敗したことに気付きました。
といってもそこまで大きな失敗でもありませんが・・・

オーナメントが足りない

オーナメントの数がちょっと足りず、ツリーの見えない側はスカスカです  😯
150cmのツリーには、80個くらいあると、全体を満遍なく飾り付けできると思います。
(我が家は38個)

飾り付けは電飾から

飾り付けの順番をちょっと失敗しました。。。
オーナメント→電飾 とやったのですが、オーナメントの上に電飾が来てしまう というちょっと面倒なことになりました。

最後に

今回のクリスマスツリーで、私が憧れたツリーを現実にすることができました。
このクリスマスツリーにかかった費用は2,1564円と中々の金額です・・・

項目 金額
クリスマスツリー(150cm) 14,750円
オーナメント(赤玉) 1,399円
オーナメント(玉詰め合わせ) 1,350円
電飾  (2個) 3,960円
頂上の星 105円
21,564円

 

高かったのですが、このツリーの出来栄えなら納得です。
葉がリアルなため、人工物のような印象がなく、オシャレなインテリアな装いです。
さらに夜、照明を落として電飾を付けてみると、葉がリアルなこともあり、とても幻想的な風景になります。
※電飾を200球と多めにしたのも良かった

 

 

さらに長男も次男もとても喜んでおり、ライトアップしたツリーを見ながら「きれーだねぇ」と言っています。

 

 

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

宜しければサイト内リンクから、他の記事もご覧ください。

その他

Posted by だじ