玉転がし装置のキットを作ってみた(Robotime 水車)

こんばんは だじです。

我が家の子どもは最近はギアに興味があるようで、旅行先で行ったカラクリの展示に興味深々でした。
そんな子供に何か買おうかと思っていたのですが、とてもいい商品があったのでご紹介したいと思います!

あまりに素晴らしい商品だったので、特別に記事にしようと思います。

Robotimeシリーズ

子どもに遊んでもらうなら、木製がいい と思ってしまうのが、世界共通なのか木製のおもちゃって色々あります。

Amazonで何か面白そうなものは無いかを探していると、やたらギミックが複雑そうな商品画像が目に留まりました。

それはRobotimeというメーカーの製品でした。

このメーカーの製品の特長は

  1. 木製のおもちゃ
  2. 自分で組み立てるキット
  3. 作って飾るだけでなく、遊ぶことができる
  4. サイズの割にリーズナブル

自分作るのが好きな私は、Robotime製品の中の「WaterWheel Coaster」を購入してみました。

Robotime WaterWheel Coasterを組み立てる

このキットの表紙もなかなかかっこいいですね!

表紙をよく見てみると、14歳以上からとなっています。
正直、14歳以上対象くらいならば、大人の自分が作ればすぐにできると思っていました・・・
しかし、いい意味で非常に苦戦し作り甲斐のあるキットでした!

 

パーツを取り出してみると、厚みが異なる木板にレーザー加工がされたものが入っていました。

このレーザー加工されたパーツを組み合わせていくのですが、めっちゃ細かく、パーツ数も膨大でした。。。。

 

一つ一つのパーツの精度も高く、見ていて惚れ惚れしてしまいます。
美しいギアのパーツです。

組み立て時に苦労した点

一つ一つパーツの精度が高いので、はめ込むのに力がいる等々のことはなかったのですが、何点か苦労したことはありました。

  1. パーツ同士の接続
  2. 方向ミスの修正

 

パーツ接合には、竹ひごのようなものを穴同士にリンクさせてつなぐのですが、この接続が面倒でした。

私はクラフト用のこぎりを持っているので、それで切断しました。
本来はカッターで切断する必要があります。

 

パーツの中には、左右対称のように見えるが、微妙に傾斜が違うパーツがあります。
この傾斜の方向を間違えると、玉転がしをした際にうまく転がりません

これに気付くのが玉を転がした時なので、修正も大変でした・・・

 

最後に・・・

このキットを作成するのにかかった時間は、約3時間でした。
完成した姿は、どこか無機質な感じがするのですが、素材が木でできているので、とても馴染む といったなんとも言えない美しさを感じます。

 

できあがったものを早速子供たちに遊んでもらいましたが、4歳の子はちゃんと遊べましたが、2歳の子は遊び方が分からず無理やり持ち上げたりしてました^^;

しかし、この水車は壊れずにちゃんと今も動いています!

 

手先を動かすのが好きな方は、おススメのものなので、是非作ってみて下さい。
塗装とかするともっとかっこよくなりそうです。

読んだよ というかたポチッとお知らせして下さるとうれしいです。

nisetaihouse88_31banner_23

我が家のブログの第一話はこちらです!
御覧になってない方はぜひご覧ください!

その他

Posted by だじ